販促品で喜ばれる物とは

長く使えて実用的

販促品は宣伝効果が大きいですから、お店や企業の名前を知ってもらえたり、商品の知名度を上げたりするのに効果的です。目新しいオリジナリティあふれる販促品や豪華な販促品を配っている企業もありますが、長く使ってもらうためにはお客様が欲しがっていて喜ばれるものがおすすめです。
やはり実用性が高く家や職場などで使いやすい販促品だと、長く使ってもらえてその期間は会社やお店、商品などのロゴや名前を目にすることになりますから、宣伝効果も抜群です。どのよううな販促品が好まれているかというと、ボールペンやカレンダー、クリアファイイルなどが人気になっていて、オフィスなどでも使えますから実用性もあります。
また、ビジネスマンと主婦層では好む物も違っています。獲得したい顧客の性別や年代を考えて予め絞りこんでおくと、どんな販促品が喜ばれるかが見えてきます。ビジネスマンなどのオフィスで働く男性なら前述のボールペンやクリアファイル、それに加えて、手帳やメモ帳なども人気が高いです。
家で家事をこなす主婦層には、やはりキッチン周りの備品や日用品など、家の中で使えるものが好まれています。意表をつく奇抜な販促品も時にはインパクトがあっていいですが、長期に渡ってマーケティングを考えるなら長く使える実用的なものが良いでしょう。

効果的な販促品デザイン

新しい商品の販売を促進する際に欠かせない販促品。効果的に商品をアピールすることのできるデザインとは一体どのようなデザインなのでしょうか。
基本的に販促品は増えても困らない、また目によく入るものに印刷を施したものである場合が多いのですが、今の方にとっては目によく入る場所に自らのセンスと合わない、ましてや派手な印刷が施されていると不快感を覚え、印象が悪くなることすらあります。アピールするのがどのような商品であっても、普段使いして恥ずかしくなく、配布して受け取っていただけるような万人に使いやすいデザインを意識するのが良いでしょう。
しかし、化粧品など、商品そのもののサンプルの場合は、そもそも商品そのものを試せるという点で他の販促品よりかなり有利です。また、使用する機会が一回二回程度の使い切りのものが多く、人目につくところで使用することも少ないため、他の販促品に比べ「今使われているこの商品はこういったものですよ」というアピールが大切です。他の販促品よりは商品名を大きめにしたり、少し派手めなデザインにしたり、効果をしっかりアピールしたりといった、ある程度主張するデザインである必要があるでしょう。
かといって、どちらにも言えることですが、商品などのターゲット層から外れるようなデザインでは意味がありません。ターゲット層もきちんと意識したデザインを練りましょう。

menu

2017/08/24
最近は販促品のオリジナリティーも重要視されているを更新しました。
2017/08/24
買い物の時にこまめにチェックしておこうを更新しました。
2017/08/24
一番効果がありそうな販促品を作成しようを更新しました。
2017/08/24
受け取る側のことも考えようを更新しました。