受け取る側のことも考えよう

販促品とノベルティの違い

企業でマーケティング活動を担当している人は知っているとは思いますが、販促品は企業のPR活動においてとても重要なものであります。販促品をどのようなものにするか、どのようなものにすれば最大限の効果が得られるのかというのはマーケティング担当者は常に悩んでいることでしょう。
そんな販促品ですが、どういうものか分からない人のために説明すると、簡単に言えば、企業やサービスのPR活動のために配る品という意味です。チラシやのぼり、ポスターなども販促品の一つとして挙げられます。
そんな販促品と同じようなものとして勘違いされることが多いものに、ノベルティというものがあります。どちらも消費者に対して無料で配られるものですので同じものだと勘違いしている人も多いと思いますが、実はその本質は微妙に違うのです。販促品は、先ほども言ったように企業やサービスの良さを知ってもらうことが目的に配られているのに対し、ノベルティは、消費者にお得感を感じさせることによって購買意欲を高めるという目的があります。
どちらも消費者から見れば同じようなものに見えるのですが、その目的は違うのだということですね。皆さんも、企業から無料で何かもらえる際はどちらなのか考えてみてはいかがでしょうか。

もらってもあまり嬉しくない販促品とは?

新商品の発売に伴って配られる販促品にはいろいろなものがあります。もらって嬉しい販促品もありますが、なかにはもらってもあまり嬉しく感じない販促品もあります。例えば、販促品としてよく配られているポケットティッシュやボールペン、メモ帳などはいつでも使えて、腐るものでもないので、もらっても負担に感じることはないでしょう。では、もらってもあまり嬉しくないと感じる販促品には、どのようなものがあるのでしょうか。企業名や商品のロゴマークがあまり大きく印刷されているものは使い勝手が悪いです。どこかに持っていくにもロゴマークが目立ってしまい、人前で取り出すのにも気が引けます。
販売する側は販売促進が目的なので、宣伝効果を狙って大きなロゴマークを入れますが、販促品をもらう側からするとそんなことは何の関係もありません。販促品として受け取った品が単に使いづらいだけです。企業名や商品のロゴマークをむやみに大きく入れるのではなく、受け取る側が使いやすいかどうかということも視野に入れて、デザインを考えるようにしましょう。また、販促品は年齢や性別を問わず、多くの人に配られます。誰にでも使えるデザインのものが喜ばれるでしょう。

menu

2017/08/24
最近は販促品のオリジナリティーも重要視されているを更新しました。
2017/08/24
買い物の時にこまめにチェックしておこうを更新しました。
2017/08/24
一番効果がありそうな販促品を作成しようを更新しました。
2017/08/24
受け取る側のことも考えようを更新しました。