最近は販促品のオリジナリティーも重要視されている

販促品になりやすいもの

販促品とは、新販売の商品の認知度を高めたり、会社をアピールするための商品のことをいい、セールスプロモーションと言います。販促品は、駅などの人通りが多いところで配られることが多く、無料でもらえます。販促品は、販促物、販促グッズ、ノベルティグッズなどとも呼ばれており、販促品の制作・配布によって得たい効果は、集客→売上アップ→自社店の発展です。それでは、その販促品になりやすいものについて説明していきます。販促品は宣伝するためのものなので、出来るだけ多くの人に目に留まるようにしなければなりません。そのため、重いものやかさばらないものが販促品になりやすいです。
また、もらうと喜ばれるものが販促品になりやすいです。最も販促品として多いのがポケットティッシュでしょう。ポケットティッシュは軽くてかさばらずもらうと喜ばれるものなので条件を満たしています。他には、ボールペンなど文房具も販促品になりやすいです。他にも、うちわやパンフレット、クリアファイルなどがあります。販促品は、企業にとって宣伝効果のあるアイテムです。企業は様々なアイデアを駆使して販促品を製作しています。今では印刷技術も進歩しているため販促品のオリジナリティーが重要視されています。

宣伝効果を期待

販促品といえば、企業が無料で配布する品というイメージがあると思います。ノベルティという言葉も同じイメージで受け止めている人も多いのではないでしょうか。しかしこの二つの言葉、厳密には違いがあるのです。そこで、「販促品」と「ノベルティ」は何がどう違うのかをご紹介します。
まず、販促品の意味からいきましょう。販促品とは、販売促進もしくは販売促進活動の略で、企業が利益を上げるために、消費者の購買意欲を刺激する配布物を指します。
次に、ノベルティの意味を見てみましょう。ノベルティとは、企業が自社や取り扱っている商品の宣伝活動として、企業の名前またはロゴマークなどを入れて無料で配布する記念品の事をいいます。
販促品とノベルティの意味を挙げてみましたが、大した違いは感じられないかもしれません。なにせ、どちらも宣伝効果を期待して、無料で配布されている物ですからね。実際、貰う側にとってはどちらの意味も変わらないものといえるでしょう。
ちなみにご紹介しますが、上記二つの他に「プレミアム」という言葉を聞いたことがありませんか?このプレミアムの意味は、商品を購入またはサービスを利用した人を対象に、特典の品もしくは付加することを指します。

menu

2017/08/24
最近は販促品のオリジナリティーも重要視されているを更新しました。
2017/08/24
買い物の時にこまめにチェックしておこうを更新しました。
2017/08/24
一番効果がありそうな販促品を作成しようを更新しました。
2017/08/24
受け取る側のことも考えようを更新しました。